パリーグの月間MVPが発表されましたね。

打者部門では、西武の山川選手。投手部門では、日本ハムの有原投手でした。

どちらも文句なしといったところでしょう。

それとは別に、当ブログが独断と偏見で選出した

3・4月のオリックスの投打のMVP選手を発表したいと思います。

投手MVP

山本由伸投手

登板数=4試合

防御率=1.45

勝敗 =1勝1敗

初登板の4/3のソフトバンク戦は、圧巻でした。

8回の途中まで、あの強力打線を相手にノーヒットピッチング。

惜しくも、松田選手に打たれて、大記録はなりませんでしたが、

それでも9回をわずか1安打に抑える素晴らしい内容でした。

2度目のソフトバンク戦でも、8回をまたも1安打のみに抑える圧巻の投球。

ただし、二試合とも、味方打線の援護に恵まれず、勝ち星つかず。

本来なら、既に3勝はしててもいい成績です。

唯一の勝利は、ロッテ戦で、この日は、序盤は制球に苦しんだが、





尻上がりに修正していき、8回をわずか3安打、1失点。

この日も援護がなかったけど、なんとか味方が2点を取ってくれて

初勝利を挙げました。

関連記事・・・オリックス・山本由伸がスゴすぎる!先発の成績予想してみた

打者MVP

該当者なし。

オリファンなら、周知だと思うが、3、4月は極度の貧打に苦しんだ。

期待の吉田正尚も開幕からしばらく、1割を切り打点も0という極度のスランプ

でチームに貢献できなかった。

新助っ人のメネセスも、完全に期待外れ。

T-岡田もマレーロもオープン戦だけ好調で、完全にオープン戦詐欺。

「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」 ⇒ にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ