楽天3戦目。先発は丸刈りのアルバースと福井。

前回、大炎上したアルバースは気合を込める意味合いか、暑さのせいか、

頭を丸刈りにして挑んだ。

しかし、結果は変わらず。3回4失点で今回も早々KO降板。

スクイズの処理を焦って、エラーしてしまう所に冷静さも欠いている。

投球は、球が高めに浮き、本来の低めに集める投球ができてない。

終了後、二軍行きが言い渡された。

なんとか、調整して本来の状態に戻してもらいたいところだ。

中継ぎ陣が西武並にひどい

昨年は中継ぎ陣の安定感で、中盤までAクラス争いをしていたが、

終盤から、その中継ぎ陣がバテてきて、順位が落ちていった。

そして今季もその中継ぎ陣が軒並み不調。やはり去年の疲労の蓄積か?

オープン戦で勝ちパターンで構想してた岩本も二軍。

澤田、一将も出る度に失点と絶不調。比嘉も近藤も福也も全員不調。

もはや、中継ぎ陣が崩壊で、西武並にひどい。いや、それ以上かも。

この試合も8回の金田がしっかり抑えてれば、まだ勝つチャンスはあった。

西武ファンの気持ちがよく分かる今日このごろ。





急募・・・8回を0点に抑えられるピッチャー

正尚のホームラン等で、同点に追いつくが

3点差の4回、正尚にメジャー級の逆方向に引っ張るツーランなどで、

同点に追いつくも、二番手の西宮投手を全く打てなかったことも敗因。

先発が崩れれば、打線が爆発するしかないのだが、

それだけの打力がオリにはないのだから、ほとんど勝ち目はない。

空振りが取れないエップラー

アルバースの後、4回からエップラーが投げた。

二軍でも打たれてるから、期待できないピッチャーだが、

見ていて空振りが取れないのが弱点。毎回ヒットを打たれしんどい投球だった。

 

それにしても楽天打線はよく打つなあ~。20安打?すごすぎー。

ヒット数の割に、点数が少ないのは、拙攻とミスに助けられた。

 

しかし、改めて感じたことだが、やはり今年のオリックスは戦力的に苦しい。

中継ぎ陣がダメダメだし、打線は脆弱。

まともな一軍レベルのバッターといえば、正尚と現状の大城ぐらい。

やっぱり、今年は育成のシーズンかな~。

 

「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」 ⇒ にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ