2019年シーズン、中継ぎから先発に再転向した

オリックス・バファローズの山本由伸投手が絶好調だ。

ここまで、5試合に登板して、打線の援護無く、勝ち星こそ恵まれてないが、

防御率は一点台前半。39イニング投げて、被安打16とパリーグの打者を

圧倒している。それでいて、まだ高卒3年目の20歳なのだから、

この先、どんなピッチャーになるのか、楽しみがいっぱいだ。

(今でも十分、いいピッチャーなのだが)

山本由伸の経歴

出身 =岡山県

高校 =宮崎県の都城高校(甲子園出場は無し)

2016年にオリックス・バファローズがドラフト4位で指名

身長=178センチ 体重=80キロ

4/3 ソフトバンク戦の投球の感想

特に圧巻っだがのが、4/3に登板したソフトバンク戦だった。

それまで4試合で25得点していた絶頂ホークス打線を8回まで

ノーヒットピッチング。まさに、モンスターだろ、こいつ。

9回1安打8奪三振で、きっかり100球で終わる気持ち良さ。

・・・神業すぎる

あのソフトバンクをど完封するんだから大したもの。

しかも、完膚無きまでに、抑え込んだ。

お世辞なしで強烈だった。

打てそうなのは高く浮き上がったフォーク数球だけ。

それ以外は打てても単打みたいな球やった。

昨年から先発であっても、良かったようにも思うが、

チーム事情で、中継ぎに回された。 

こんなモンスターがよくドラフト4位で取れたもんだ。

これは、投手版のイチローなんじゃないか。

 

彼は、決して体が大きい方ではないが、

やり投げを参考して、独特の投球フォームを作り上げた。

やり投げで遠くへ飛ばす行為が、

速い球を投げる行為とつながっているらしい。





それ故、ストレートの常時150キロ台を計測している。

ストレートの球威はあるし、140後半のツーシームと

カットボールをほとんどきっちりと制球していた。

腕を振ってカーブで、ストライクを取れるし、

フォークは千賀みたいやった。

極めつけにコントロールええから、

ソフトバンク打線はどうにもならなかった。

真っ直ぐは球速も速いけど、より一層速く感じてるんやろな

ってくらいソフトバンクに打たれる気しなかった。

それからカーブがすごく良い所に決まってた。

4/3 ソフトバンク戦のピッチング動画

 

昨年、かなり投げたので、中継ぎで故障しないで良かった。

山本由伸のケタ外れ感は異常だ。

ルーキーイヤーからファームで無双してたしな。

ソフトバンク相手に1安打完封やってのけたのは凄まじい。

観戦してて、本気でノーヒットノーラン達成するかと思ったわ。

これで、弱冠20歳だから、将来がすごく楽しみだ。

怪我だけには気をつけて欲しい。

山本由伸の2019の先発の成績予想

ここで、今年の山本由伸の成績を予想してみたい。

ここまで全て先発で登板し、

試合数 =5

イニング数 =39回

防御率 =1.38

被打率 =127

勝ち負け =1勝1敗

 

打線の援護に恵まれず、勝ち数が伸びてないが、安定感が抜群だ。

これからも、打線には期待できないと思うので、

怪我などで離脱しないことを大前提として、

勝ち星= 8~10勝

防御率= 2.50~3.10

と予想する。

 

「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」 ⇒ にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ