ロッテ5回戦の先発は山本由伸と岩下という前回と同じ顔合わせ。

前回は素晴らしい投手戦をオリが勝利したが、

今回も見事な投手戦となった。

なんだか由伸は、投げ合う相手が大竹だったり、金子や岩下だったり、

なかなか勝たせてもらえない。

この試合も1-0のままの7回にすしボーイのレアードに

一発を見舞われ、同点にされた。

結局、8回を投げ、6安打1失点と、山本にしては打ち込まれた。

話は逸れるが、レアードのホームラン後のパフォーマンスは、

去年よりもバージョンアップしていて、寿司を握るポーズを取る前に、

魚を釣って、それを捌くポーズが加わっているらしい。

レアードはユニークなキャラをしてて、なんとも憎めない。

チェックしたい人のために動画を貼っておきます。

相手の岩下投手が前回以上に良く、オリはほとんどヒットすら出なかった。

この試合に関しては、岩下のほうがピッチング内容は良かったと思う。

2019年、延長戦で初勝利!

今季7試合目の延長戦になったのだが、

オリはここまで、延長6試合で3敗3分けという結果。

打線が弱いオリは、延長に入ってもどうしても決めきれず、

リリーフが粘って引き分けに持ち込むのが精一杯だった。

そして、打力に勝るロッテが10回表に一死満塁の大チャンスを作り、

迎えるは、3番中村奨吾と4番の井上。

あ~あ、こりゃまた負けたな、と悟ったが、

ロッテさんも大概で、中村が澤田の初球をあっさり浅いフライを

打ち上げてくれて、助けられた。

次の井上も、粘られはしたが、最後は澤田の気迫でフライに打ち取れた。

澤田は先日の西武戦の近藤と福也の逃げまくりのピッチングを反面教師にし、

見事にストライクゾーンで打ち取った。

ピンチでは、こういう気迫が大事よ。





そして、そのウラ、あっさりと二人が凡退し、ツーアウトランナー無し。

だが、ここから大城が粘って四球をもぎ取った。

まあ、これぐらいでは、何も期待しなかったのだが、

代打・伏見の4球目に果敢にスチールを決め、一打サヨナラのチャンスを作る。

ここで気合を入れた伏見が酒居のフォークを 見事に 捉えて、

レフト前にヒットを放つ。

ランナーの大城が田村のタッチをかいくぐり、見事なヘッスラでホームイーン!

オリックス、2019年、初のサヨナラ勝ち。

このホームベース上のプレーは、ホンマにスリリングで見応えあったわ。

ただ、セーフ判定の直後に、井口がすかさずリクエストを要求して、

サヨナラ勝ちの空気が消えてしまった。

・・・井口、てめえ、去年もあったよな。

その角度からやったら、ハッキリ見えとるやろ!

わざわざ、せっかくのサヨナラ勝ちの空気に水差すなよ~。

あっさり、負けを認めなさい。

貧打のオリには、これしかないという勝ち方だった。

二死から四球で出たランナーが盗塁でチャンスを作り、

一本のヒットで得点するという、最高に効率のいい取り方だった。

それにしても、西浦がそろそろ我慢の限界か。

本当なら小田がいるのだが、故障で離脱してるのが痛い。

下では宗が試合に出だしらしいが・・・・。

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」
オリの今季の順位が昨年よりも上がるきっかけになるかもしれません(えぇ!?)
何より…そのひとポチでオリが今の状態よりもっと上がるきっかけになってくれれば!