バンク戦の5回戦。先発は榊原と武田のマッチアップ。

この日の榊原は今までのような四球でイライラするピッチングではなく、

順調にアウトを重ねていった。

相手打線のマズイ攻撃にも助けられ、7回を2失点と上々の出来。

中でも3つの併殺打が大きかった。

ただし反省点として、先制点の一点目は、本人のベースカバーの遅れに

よるものなので、猛省して欲しい。

打線の方は相変わらずの冷え冷えで、4回の無死満塁でも一点取るのがやっと。

一点ビハインドのまま9回まで進み、相手投手は今年、無失点の守護神・森。

今日もここまでか・・・と思ったが、この日のバファローズは違った。

先頭の宮崎が死球で出塁し、代走の佐野がすかさず甲斐キャノンをくぐり抜け、

盗塁成功。小島の内野ゴロで3塁に進み、ここで初スタメンのルーキー・中川。

森のボールを粘りに粘って、10球目を見事にタイムリー3ベースヒット。

続く、伏見も一二塁間を抜くタイムリーで勝ち越し!

なんと、オリックスが、土壇場の9回に難攻不落の森を攻略した。

その裏、増井劇場が怖かったが、 バンクの淡白な攻撃で、 あっさり三者凡退。

榊原はベースカバーの遅れを猛省すべき

前述したとおり、榊原はよく投げたのだが、先制点の取られ方が悪かった。

すばやく反応して、ベースカバーに入っていれば、失点せずにすんだ場面だ。

ただ、全体的には、ヒットを打たれながらも、力のある真っ直ぐで





押し込めていて、バンク打線の3併殺にも助けられ、ナイスピッチングだった。

今日のように四球を出さずに、見る側にストレスのない

ピッチングを続けて欲しい。

光った佐野の盗塁&中川のタイムリー

9回のポイントは幾つかあるが、まずは、佐野の盗塁だろう。

甲斐キャノンから盗塁を決めるのは、至難の業だが、無警戒だったところを

見事に突いたナイス判断だった。まあ、このための代走でもあるけどね。

そして、同点打を放ったルーキーの中川。

すでにプロ初ヒットも飛ばしてるし、その他の打撃内容も悪くなかったので、

何とかしてくれるんじゃないか?と期待していたが、

粘りに粘って、見事な3塁打だった。

この粘りこそ、オリ打線に欠けているもので、いつも相手投手を球数少なく、

楽に投げさせてしまう打線は 、良い教材にして、見習って欲しいものだ。

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」
オリの今季の順位が昨年よりも上がるきっかけになるかもしれません(えぇ!?)
何より…そのひとポチでオリが今の状態よりもっと上がるきっかけになってくれれば!