交流戦が終了し、リーグ戦が再開。最初のカードは敵地メットライフで西武3連戦。
交流戦を4連勝で2位で終えた好調オリの先発は山本由伸。相手は同級生の今井投手だった。
今や押しも押されもせぬオリのエースの山本だが交流戦では一勝もできず。
だが、この日の投球は圧巻だった。
立ち上がりから三者連続三振の最高のスタート。
侍ジャイアンツの稲葉監督が言ってたが、山本の強みは立ち上がりが乱れない所。

最大のピンチは、3回の無死満塁の場面。
しかし、ここでギアを上げて、源田を三振。
外崎をファールフライで、タッチアップのランナーを封殺して無失点で切り抜けた。
これ以降は、まったく危なげなく、強力西武打線をわずか5安打に抑え、見事な完封勝ち!

今季、バンク相手にも9回1安打ピッチングしてるので、事実上は2度目の完封だ。
それにしても、山本の投球は圧巻だった。常時150Kを越える真っ直ぐに、
150K近いカット、フォーク、シュート。それに緩急をつけるカーブ。
控えめに言って、化け物ピッチャー。

攻撃の方は、スタメンに腰痛を訴えた正尚が外れ、貧弱打線に輪がかかった。
4番に中川が入ったが、いくら好調とはいえ、ルーキーに4番を打たせる野手層の薄さ。
その貧弱打線だが、初回に四球の後藤を置いて、大城がセンターオーバーのタイムリーで
1点を先制!
その後は、チャンスを作るも、相手のファインプレーやスクイズ失敗もあり1-0のまま9回へ。





 

9回、後藤が値千金の3ランホームラン!

勝つには、このまま山本が完封するしかないと思われたが、9回に代わったヒースから
二死1、2塁とし、後藤駿太が初球を見事にライトスタンドへ運ぶ3ランで、一気に4-0!

再三、得点圏に進めながらも、追加点が取れずに苦しんだが、やはり一発の魅力はスゴい。
後藤駿太は、最近好調で確変モードに入っているようだ。
それを見据えての2番起用だったのだろう。

ハイライト動画

 

正尚の欠場が心配

今季初めてスタメンを外れた正尚の状態が心配だ。
情報では、強い腰の張りを訴えたとのことだが、やはり腰痛の再発っぽい。
手術はしても、なかなか完治するものではないのだろう。
最悪、登録抹消も覚悟しなければならないだろう。
ロメロが抹消中の今、正尚まで離脱となると、長距離砲が不在となり痛すぎる状態だ。
ただし、チームの状態はいいので、先日の広島戦の9点の攻撃のように、
繋いで繋いで得点する攻撃をしていって欲しい。

 

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」
オリの今季の順位が昨年よりも上がるきっかけになるかもしれません(えぇ!?)
何より…そのひとポチでオリが今の状態よりもっと上がるきっかけになってくれれば!