いよいよ交流戦も残り2試合。この日の広島戦と雨で流したヤクルト戦のみ。
試合前に、ロメロの登録抹消が発表された。
前日、出てなかったから、もしやと思ったが案の定。またも脇腹痛の再発のようだ。
ロメロは、チームで希少なホームランを打てる野手なので貴重だが、離脱が多すぎるぞ!!
これで、また打線が貧弱になるとは・・・トホホ。

この日の先発は復帰3戦目の田嶋と強敵・ジョンソンだった。
田嶋は復帰してから、快投を続けている。
前回の阪神戦も7回までノーヒットピッチングと素晴らしかった。

この日も、6回を2安打、無失点で、ピンチもほぼない安定感抜群のピッチングだった。
今日を含め、3度の投球内容を見ていて、田嶋は大丈夫とほぼ安心した。
次回からは、パリーグ打線を相手にすることになるが、その点で一抹の不安あるというところ。

一方の打線は、ジョンソンからヒットは出てチャンスは作るものの、いつも通り決定打が出ない展開。
3回オモテは、二死満塁に正尚という最大のチャンスで、三振。
もしも、負けていたらこの試合の戦犯は正尚だった。

9回ウラ、サヨナラ負けの大ピンチ

両軍ともに投手陣が粘り合い、0-0のまま9回ウラへ。
オリのマウンドには3連投のディクソンが上がった。
正直、今日はやられるかなあ~、というのはあった。すでに勝ち越してるし、それもええかな、と。
予想通り、一死1、3塁のサヨナラ負けの大ピンチを背負ってしまった。

しかし、ここから奇跡のような展開!
會澤が簡単に初球を内野ゴロに打ってくれて、ホーム封殺。
続いて長野が代打で出てきて、嫌な気はしたが、見逃し三振でこの大ピンチを切り抜けた!

延長10回、わけわからん9得点!

ディクソンがサヨナラ負けのピンチを切り抜けたことで、延長戦に入った。
オリファンならご存知の通り、オリは決して延長戦では強くない。
俺自身、このまま何とか、12回まで行ってドローで終わってくれと願ってた。
ところが10回オモテ、二死2、3塁から大城がレフトに大きな当たりを打つ。
この打球が追い風にも乗り、フェンス直撃の先制2点ツーベースとなった!
ここで安心してはいけないとばかりに、この後、打ちまくる!





  • 小田 →3ベースヒット
    中川 →2ベースヒット
    安達 →3ベースヒット
    (2四球挟む)
    後藤 →3ベースヒット
    福田 →3ベースヒット

・・・と、怒涛の長打攻勢。
実に、この回、ヒット7本が飛び出し、それがいずれも長打(二塁打3本、三塁打4本)になり、
一挙9得点で勝負を決めた。今年の日曜日の鬱憤を一気に晴らす見事な連続攻撃だった
開幕から3ヶ月近く溜まったガスが出ていくのは本当に気持
ちいい。
オリにもこんな攻撃、出来るんやん!


ハイライト動画

 

交流戦の打率1位と防御率1位をオリ勢が独占!

交流戦も残り、雨で流れた二試合のみとなった。
その交流戦で、オリックスは現在2位に浮上し、大健闘だ。
個人成績でも、打率1位に中川、防御率1位に田嶋が躍進!


中川がもしも交流戦首位打者に輝いたら、史上初の快挙らしいから頑張って欲しい。
昨年は、正尚が交流戦MVPに輝いたが、今年は優勝チームかららしい。

試合後の感想

オリックスがNHK総合全国中継の日に今季日曜初勝利!
2アウトから一挙9点!プロ野球日本記録3ベース4本!今季初の同一カード3連勝!
貧打中の貧打も惜しげもなく披露!田嶋や抑えディクソンの奮闘!
9回まではモヤモヤしたが、結果的には存分に楽しめた。

正直、10回の攻撃は死体蹴りなんて揶揄する言葉もあり、
オリファンとして、広島が気の毒にもなるが、そこは勝負の世界だから仕方ない。
屈辱的敗戦と言えば、オリもヤフオクドームでの「6ー22」とかあるからね。

ただ、最終回の福也はあかんわ。そら強制送還されるわ。
それから西村は何が良くて、スタメンなのか全く分からない。
ファンの皆さんでスタメン決めた方が良いスタメン組めると思ってます。

 

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」
オリの今季の順位が昨年よりも上がるきっかけになるかもしれません(えぇ!?)
何より…そのひとポチでオリが今の状態よりもっと上がるきっかけになってくれれば!