巨人との交流戦3戦目の先発はK‐鈴木と桜井投手だった。
巨人の桜井投手は、ドラフト1位で期待されて入団したが、3年間期待に応えられなかった投手。
僕と同じ地元の選手なので、ひそかに注目していた。(後、原樹理とかね)
いよいよ戦力外通告も近いか、というところで、今年ようやく才能が開花しつつある。

試合の方は、その好調の桜井から、三振をバッタバッタと6回で10個も取られる。
その中で、好調モードに入っている大城(巨人の大城じゃないよ)が
得意の右打ちの2点タイムリースリーベースで先制!

一方のK‐鈴木は、4回まで巨人打線をノーヒットに抑えるいい時のKだった。
ところが6回ウラに、丸にこれぞ”ドームラン”という当たりのツーランで同点にされてしまう。
8回オモテのKの打席で、打席に立たした時点で今日は鈴木に任せるのかと思った。
ところが、8回ウラ、二死からK-鈴木が二者連続四球を出した所で、慌てて交代。
丸になったら交代と決まっていたようには見えなかった。
高山コーチがマウンド行ってから、時間おいて西村が交代告げてたので。
継投判断に迷いがあるようでは、選手にも影響を及ぼす。

前の打席でホームラン打たれた丸だったから、交代は致し方ないとも思ったけど、なんで近藤??
ここは左の海田やろ! 海田を出せなかった理由でもあるのか?
この前失点したから? でも近藤なんかいつも失点してるしな。
左対左で最善をつくして打たれたならまだしょうがないが、近藤出して打たれたのはベンチがアホやわ。
100%打たれるイメージしかなかったわ。
案の定、近藤が丸に打たれて2-4と勝ち越されてしまう。





そして、9回オモテの攻撃。
一死、1・2塁から飯田がそのまま打席に向かった時は戦慄を覚えた。
飯田に微かな期待をするも、当然のごとく、ピーゴロのゲッツーでゲームセット。
なんで、飯田に代打出さへんねん!!

 

ハイライト動画

 

試合後の感想

他のパリーグ球団が1勝2敗の相手だから負け越しは仕方ないとは思うが、
最下位で追いかけなければならないことを考慮すると

接戦が多かったし、意地でも勝ち越さなければならない3連
戦だった。

ある記事を読んで、西村は継投を反省していたようだが、失敗してるの継投だけじゃないよ。
最終回に左右病発症し
て、西野に代打出すから飯田に代打出せなかった。
というか、
代打・小島でよかったし、下で大活躍のラオウを幽閉し続けてるからただでさえ、
セリーグ本拠地では代打要員必要なのに足りてない。

悲しいかな、オリックスは、西村というチンパンジー監督にハイジャックされている。

 

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」
オリの今季の順位が昨年よりも上がるきっかけになるかもしれません(えぇ!?)
何より…そのひとポチでオリが今の状態よりもっと上がるきっかけになってくれれば!