交流戦最後のカードの広島戦が始まった。初戦の先発は、山岡と山口投手。
オリは2回に中川のタイムリーヒットで先制えっ!
だが、そのウラに山岡があっさり追いつかれる。
さらに3回ウラに、西川にポール直撃のツーランを浴びて、2点を勝ち越されてしまう。

4回オモテ。無死満塁の絶好のチャンスで若月がサイテーの併殺打。
しかし、この間に1点を返す。
6回にも、若月が今度は、タイムリーを放って同点に追いついた。

しかし、そのウラ、またも山岡が取ったら取られるの悪い癖。
會澤に勝ち越しのタイムリーを許してしまう。

どや!オリが誇る安達、鈴木、佐野の代打陣

8回オモテ。一死一塁から、左投手だったので、西野の代打の安達がヒット。
続く小田の代打の鈴木が四球を選んで、一死満塁の同点、逆転の絶好のチャンスを作った。
さらに、代打攻勢は続く。
タイムリーを打ってる右の若月にも代打の佐野を送り、三振。
さらに、海田の代打に左の小島を送ったがショートゴロ。
怒涛の4者連続の代打攻勢だったが、無得点に終わった。
そして出てくる代打が、守備固めか、と言わんばかりの貧弱な選手層。
こんなんやるん、オリだけやろ?
どや!カープの投手よ。オリの代打陣の恐怖に震えろ。

代打も何あれは?
鈴木と佐野の順番逆やろ。先に佐野出しとけばそのままセンター守れて、
最終回のチャンスも山崎じゃなくて佐野だったやん。
何でわざわざ鈴木を先に出して、若月に佐野だったのか狙いがさっぱり理解できない。
やっぱりその先のこと何にも考え
てないんやろな。
西村のチンパンジーっぷりがさらけ出ていた。

 

ほんまに「久々」の正尚の一発で逆転

8回の満塁のチャンスは逃したが、その分打順を繰り下がったのが大きかった。
9回の攻撃は、上位の1番から始まり、3番の正尚まで回ってくる。1人出ればロメロにも回る。
こういう好作用があるから、攻撃時は一人でもランナーを多く出して、打順を進めることが有効だ。





そして、9回、一死を取られた後、2番の大城のショートゴロをルーキー小園が悪送球エラーを
やらかしてくれて、同点のランナーが出塁した。
小園は昨年のドラフトで、オリも取りに行った選手だ。
その恩返しをこの大事な場面でしてくれましたな、笑

そして、続く正尚が16試合ぶりとなる本当に久々のホームランで逆転!
正直、正尚のホームランペースには納得してない。
たぶん、ほとんどのオリファンはそうだろう。
もっと間隔を詰めて、量産して欲しいものである。

そのウラは、ディクソンが危なげなく、三者凡退でゲームセット!
数年前、マツダスタジアムでは、鈴木誠也選手に散々サヨナラの一発を打たれ、
「神ってる」という流行語まで生み出したオリだが、
この日は、逆に正尚の土壇場の逆転弾で、神ってるを意趣返しした。

ハイライト動画

 

中川が交流戦、打率1位

正尚の逆転ホームランも凄かったが、それよりもスゴイのがルーキー中川。
前日は3安打の猛打賞で、この日も4安打の固め打ち。実に2試合で7安打の荒稼ぎ。
この日の試合後、交流戦の打率1位に躍り出た!

さらに得点圏打率は4割を越えているのだから、末恐ろしいルーキーである。
中川の良いところは、打席で粘ることででき、四球も選べるとこだ。
ドラフト7位だったが、母校の先輩のせいで指名順位が落ちたのか、と穿った見方をしてしまうほどだ。
このままいけば、新人王も充分に狙える。
オリファンとしては、ドラフト7位の新人王獲得に夢が膨らむな。

 

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」
オリの今季の順位が昨年よりも上がるきっかけになるかもしれません(えぇ!?)
何より…そのひとポチでオリが今の状態よりもっと上がるきっかけになってくれれば!