カードが変わって、今日から東京ドームでの巨人戦。
先発は山本由伸と今村投手。
山本由伸は、こことのところ、開幕直後のような相手打線を圧倒するような投球はできていない。
試合を壊すことはないが、ある程度、失点するようになってきている。
原因は疲労の蓄積かもしれない。

この日も、序盤に丸選手と岡本選手にホームランを浴びて3失点を許す展開。
最終的には、6回を投げて被安打8で3失点とクオリティスタート達成した。
だが、ハッキリ言って、この程度の内容では、納得できない。
クオリティスタートというのは、飽くまでもアメリカの野球の防御率をベースに生み出された
指標である。個人的には、日本の場合は、6回2失点がQSの数値として相応しいと考える。

2番・安達? 代打・鈴木?・・・はあ?

ちなみに、昨日に試合は、セリーグ主催の試合だったので、
こちらの「スカパー!プロ野球セット」で視聴しました。
「スカパー!プロ野球セット」は全試合のプロ野球の開始から試合終了まで視聴可能なサービスです。
興味がある方は、こちらのをご覧ください。
「スカパー!プロ野球セット」ってお得なの?入る価値があるか徹底評価





 

それにしても、安達2番って何やねん?前の鈴木2番起用といい、アホ采配炸裂やな。
その安達は併殺打2つに悪送球エラーで、チームの足を思いっきり引っ張るだけ。
とっとと、2軍に戻れ!

さらに、西村の迷采配が、チャンスで西野に代わって代打=鈴木。
・・・はあ? いくら相手投手が左といえどもバカ丸出し。
お前、西野の左右別打率、知っとんか?
対右 .163/対左 .286・・・これやで。
思い込みだけで采配する西村は、左右病が重症みたい。

一方のルーキーの中川は頼れる存在だ。
8回オモテに、同点のタイムリーを打ってくれた。
ただ、その後の走塁死が痛かった。
オリの選手は、けっこうこういう場面で次の塁を狙っての走塁死が目立つ。
これはその場の選手個々の判断力によるので、ベンチの指導ではどうにもならないのかもしれない。
接戦だったが、10安打で3点といういつもの拙攻が響いた試合だった。

 

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」
オリの今季の順位が昨年よりも上がるきっかけになるかもしれません(えぇ!?)
何より…そのひとポチでオリが今の状態よりもっと上がるきっかけになってくれれば!