関西対決の2戦目の先発は、山岡と岩田投手。
昨日の西と成瀬とは逆で、今夜はオリの山岡は長いイニングを投げないといけない。
岩田投手は、ベテランの域に入った左腕だが、西の人的補償の候補にも上がっていた。
実際には、岩田がプロテクトリストから漏れていたかどうかは分からないが。

試合の方は、初回に一死二塁のチャンスを作り、正尚に期待したが、敢えなく内野ゴロ。
二死、1.3塁となり、ルーキー中川が右方向へ流す技ありタイムリー!

山岡の立ち上がりは抜群だった。
しかし、4回オモテに糸原にツーベースを打たれた後、糸井にタイムリーを打たれて同点。
ベテランにはなったが、やはり、糸井はまだまだ良いバッターである。

 

鈴木昂平が守りで存在感・・・超ファインプレー!

同点のままで迎えた6回オモテ。
一死1塁から、糸井の強烈な三塁線を破ろうかという難しいバウンドの打球を
今季初スタメンの鈴木昂平が横っ飛び!
捕球後の送球も決まり、見事にアウトに刺す美技!
抜けていたら、一死2.3塁のピンチに拡大していたので、チームを救った。

正直、今日のスタメン見て、何で「サード・鈴木昂平」なん??と思ったが、
起用がバッチリはまった格好だ。
今まで、守備固めで起用されることが多かったが、そこまで守備が上手いという印象はなかった。
結構、エラーも見てきたしね。こんな守備ができるなら、普段からもっと見せてほしいものだ。

この鈴木昂平のプレーで乗っていきたい山岡だったが、続く大山に三遊間を破られ、勝ち越される。
スライダーを良い所には投げていたが、大山の技術が上回っちゃった。
それでも、エースなら、この流れで何とかしっかり抑えて欲しかった所。

チャンスを尽く潰す正尚

7回ウラの攻撃。
再昇格後、復活した福田が先頭でツーベースで出塁。一死3塁となり、チャンスで正尚。
同点は間違いないろうと踏んだこの場面。結果はセカンドゴロでランナー還れず。
続くロメロも三振に倒れた。





それにしても、今季の正尚のチャンスでの期待倒れがハンパない。
打率も低いが、得点圏打率はさらに酷い有様。
シーズン前にすべての打撃タイトルに絡みたいとか、ぬかしていたが、
そんなレベルには到底及ばない寒い内容。
オリファンの中には、とりわけ正尚の活躍を期待しているファンが多いと思うが、
今の所、期待満足度は半分といったところか。

3夜連続の終盤の逆転劇!

9回オモテは、連夜登板のエップラーがランナー1人背負ったが、ゼロに抑えた。
向こうの4番・大山がボール球を二球振って、三振してくれたから助かった。

最終回の攻撃。
代打の小島が先頭で、相手の守護神・ドリスからヒットで出塁。
今季の小島の代打成功率はおそろしい。
先頭打者が出たことで、一気に何か起こりそうな雰囲気の中、
福田が送りバントを決めると、全力疾走で駆け抜けて、ドリスの焦りを誘い、悪送球を呼んだ。
阪神にとっては痛いミスだ。

無死1・3塁と絶好のチャンスとなり、代打の小田は倒れるが、
一死2・3塁とチャンスは続き、正尚が初球を痛烈にセンターへ抜ける同点タイムリー!
ようやく仕事をした正尚だった。(まだまだ物足りねー)
そして、仕上げはロメロがきっちりとレフトに上がる大きな犠牲フライを打ち、逆転サヨナラあー!!
3-2で、3日連続の終盤の粘り腰で勝利。

 

試合後の感想

先発の山岡は、勝ちこそつかなかったが、8回を投げて2失点だから良く投げたと言えるだろう。
惜しむらくは、6回の大山のタイムリーはなんとしても防ぎたかった。
エースたるもの、相手にリードされる展開にしちゃあいけない。

昨日、今日と阪神さんは、エラーやミスが多い。
なんでも、チームのエラー数は12球団最多らしい。
(オリも到底、他人のことは言えないのだが・・・。)
この日も9回のドリスのバント処理のミスは痛かった。
あれがなかったら、同点には食い止められたかもしれない。

とにかく、オリが粘り強くなっているのはお見事。
このまま、今までの淡白打線を脱却して進撃して欲しいものだ。

 

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」
オリの今季の順位が昨年よりも上がるきっかけになるかもしれません(えぇ!?)
何より…そのひとポチでオリが今の状態よりもっと上がるきっかけになってくれれば!