中日との2戦目。先発は今季初登板の竹安と大野投手だった。
竹安は去年のオフに、FA移籍した西の人的補償で入団した投手。
ファームではそこそこの数字を残しており、田嶋の抹消に伴いチャンスが回ってきた。

で、内容については良いとは言えなかった。
6回途中まで投げて、2失点だが、ヒットはかなり打たれ、向こうの拙攻や運にも助けらた感が強い。
本来ならもっと失点しててもおかしくない内容だった。
この内容では、次回も先発のチャンスを与えたい、という程ではなかった。
まあ、頭数が足りなければ、巡ってくるというところだろう。

海田と近藤が対象的な結果

試合の方は、その6回に竹安が無死1,2塁のピンチを作ったところで、海田にスイッチ。
この海田のすごいピッチングでピンチを断つ!
まず藤井を4→6→3のゲッツーに仕留め、二死3塁とした。
続く京田を三振に仕留め、見事に無失点で切り抜けた。
7回も回を跨ぎ、無失点で抑えた。
未だに今季失点ゼロを継続中だ。

しかし、8回オモテから登板した近藤が今日もまた背信ピッチング。
前日、四球から崩れ失点した近藤だが、この日は死球でランナーを出し、
一死満塁とされて、京田にヒットで1失点。
さらに満塁から井領に走者一掃のスリーベースを打たれて、3失点。
合計4失点の大炎上。
追い込むまではいくものの、決め球がことごとく高かった。





・・・もう今年のオリの中継ぎ陣は受難だ。

スタメンがワクワクしないラインナップ

今日のオリのスターティングメンバーを見てみると、1軍レベルの選手は数えるほど。

  • 1(中)佐野皓大 → 2軍レベル
    2(二)福田周平 → 1.5軍レベル
    3(指)吉田正尚 → 1軍レベルやけど本調子じゃない
    4(左)ロメロ  → 1軍レベルやけど怪我がち
    5(一)中川圭太 → 1軍レベルやけどルーキー
    6(三)小島脩平 → 1軍レベルやけど非力
    7(右)西村凌  → 2軍レベル
    8(遊)大城滉二 → 1.5軍レベル
    9(捕)飯田大祐 → 2軍レベル
    投・竹安大知   → 2軍レベル

半分以上は1.5軍から2軍レベルの選手だ。
これでは、試合前から期待感がまったく持てない。
今日も5安打で2得点。

もう今年の得点力不足は、昨年以上に深刻だ。
俺はこの中日戦連敗で、今季の浮上は諦めた。
西村は戦力不足ながら、中途半端に勝とうとする采配をするから、
余計にもどかしさが増す。
完全に育成モードに切り替えてほしいものだ。
毎試合、応援するのも空しくなってきた・・・。

そんな周囲の不満を表した記事があったので、載せておく。
迷走オリックス 頓宮ら若手起用法めぐり不満の声

 

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」
オリの今季の順位が昨年よりも上がるきっかけになるかもしれません(えぇ!?)
何より…そのひとポチでオリが今の状態よりもっと上がるきっかけになってくれれば!