3月29日に開幕した2019のパリーグですが、

対戦カードが一回りしたところで、

それぞれの球団の戦いぶりや現状を現時点の順位順に書いてみたいと思います。

1位 ソフトバンク

ギータ、中村晃、グラシアル、サファテ、岩崎、石川・・・等など、

多くの怪我人が出て、離脱中でも、安定した勝率を維持し、

どっしりと首位を確保。恐ろしいまでの選手層の厚さである。

昨年、辞任した福良さんがソフトバンクの強さを語ったコメントに

「レギュラーと控えの力の差があまりない。」というのがあった。

まさしく、それで、一軍でペナントを争えるチームが2つ作れんじゃないか?

というぐらい反則的である。

2位 楽天

オフにFAで浅村を補強した楽天が、今のところ調子良くて2位。

開幕前に則本が手術で、前半前絶望の長期離脱。

そして岸も開幕戦で足を痛めるアクシデントで、途中降板となり、

先発陣が心配されたが、なんとか打線の援護などもあって、上々のスタート。

昨年は、やることなすことが上手く行かず、早々に脱落したが、

今季は点数がよく入っている印象。

これに、則本と岸が帰ってきたら、さらにチームが加速するかも。

3位 日本ハム

前回のロッテ3連戦を3連勝で終えて、貯金1の日本ハムが3位。

ただ、打線は全体的に停滞気味で、開幕シリーズこそ活躍した

中田、近藤もそれ以降はパッとしない。

栗山監督が、特定のバッターに敷くシフトやオープナーなど、

アメリカ仕込みの戦法を使っているが、どこまで成果が出ているのか、

この先出るのかは未知数。

そんな中、先発の上沢と有原で勝ちを拾っている印象だ。

4位 西武

5割の西武が現状4位。

チームの柱であるエース・菊池と打点王・浅村が抜けたのはやはり大きい印象。

特に菊池に関しては、一週間で確実に勝てるピッチャーが抜けたのだから、

自ずと星勘定は苦しくなる。

それに輪をかけるように、ローテ候補の榎田・内海・松本まで、

離脱中なのだから台所事情は苦しいことこの上なし。

打線も秋山が三番に入るなど、去年とは違った攻撃パターンになっていて、





各選手も戸惑いもありそう。

しかし、そんな中でも5割をキープしているのは、チームの底力といった所か。

5位 オリックス

そして、5位に当ブログ押しのオリックス・バファローズ。

開幕から、延長戦続きで、勝てる星をことごとく終盤に追いつかれ、

延長で引き分けたり、負けちゃったりと、

例年のごとく、勝負弱さを露呈している。

増井がセーブ失敗が2つ、澤田が1つで、結果論にはなるが、

この3試合を勝ててたら、今頃、貯金生活である。

序盤の正尚の不調も響いた。外人共や岡田のやってくれなきゃ困るヤツらも

さっぱりで、とにかく点が取れない。

バンク戦の山本由伸の1安打ピッチングは圧巻だったが、

あのゲームこそ、見殺し打線の典型だった。

投手陣は割りかし、まともなので、打線が上向けば上位進出もあるかも。

6位 ロッテ

開幕から、移籍してきたレアードがホームランを打ちまくり、

その他の加藤や中村も呼応するように連発。

ラグーンの効果もあってか、昨年までの深刻なホームラン不足から

打って変わって、ホームラン数が激増。

ただし、ホームランが増えただけで、チーム打率は低く

チームの成績は昨年と変わらず、ここまで苦しい戦いを強いられている。

怪我もあって、ボルシンガー・涌井・石川の三本柱が本調子でないのも辛い。

・・・以上、開幕して一回り目のパ6球団をざっと回顧してみた。

もちろん、まだまだペナントレースは予断を許さない。

この先、どのチームが上がってくるか?注目だ。

 

関連記事・・・30試合を終えたパ6球団の評価

 

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」
オリの今季の順位が昨年よりも上がるきっかけになるかもしれません(えぇ!?)
何より…そのひとポチでオリが今の状態よりもっと上がるきっかけになってくれれば!