交流戦、最初のカードの横浜との3戦目。

先発は榊原と昨年のセリーグ・新人王の東投手。

榊原投手は今年からローテーションピッチャーとして回り始めたんだが、

毎試合のように試合を作っている。正直、ここまでとは俺の予想以上だ。

明らかにダメだったのは開幕シリーズくらい。

この日も、ヒットは許すが決定打を許さないピッチングだった。

また昨日に続き、相手のミスにも助けらた。

 

2回オモテに、一塁にロペスを背負って、ヒットを許した所、

大城が後ろに逸らし、それを見たロペスが三塁を欲張りアウト。

てっきりロペスのアホ走塁かと思ったが、

実は大城が業と手間取るように見せて、釣り出したトリックプレーだった。

大城、よくやったぞ。

帰ってきたキャプテン福田

先制点が欲しいオリは3回ウラ、昇格後即スタメンの福田がヒットで出塁。

その福田を正尚が、逆方向にフェンス直撃のタイムリー2ベースヒット!

もう少しでホームランだった・・・惜しい。

その後も、四球、ヒットで無死満塁と調子の悪い東を一気に崩すチャンス。

しかし、この大チャンスで以降の西野、西村、若月が犠牲フライ一つ打てず痛恨の凡退。

・・・変わらないオリのクソ打線の光景だった。

 

先制した直後の4回オモテは、流れ的に絶対抑えないといかん回だが、

榊原が一死満塁から犠牲フライで同点に追いつかれた。

まあ1失点だけでよく凌いだとも言える。

そのウラ、先頭の佐野が絶妙のセフティバントを敢行して出塁。

そして、一死から果敢に盗塁を決める。

このチャンスで、福田が難しい球をタイムリー2ベース!

 

続く正尚が、普通のシフトならセンター前に抜ける当たりを「正尚シフト」を敷いていた

大和に捕られたが、送球が悪送球となり3点目!

7回、榊原が気迫の守備で切り抜ける!

3-1のまま、7回に進み、榊原が続投。

先頭打者に2塁打を打たれ、続く神里にもつながれて無死1、3塁の大ピンチ。

それにしても神里にはよく打たれる。去年も延長戦で決勝打を打たれた記憶がある。

このピンチでこわい宮崎。しかし宮崎は浅いライトフライで事なき。

続くソトの打席で、一塁ランナーの神里が盗塁を試みるが、若月キャノンが刺す!

このプレーは非常に大きかった。

横浜サイドにすれば、盗塁するなら絶対に成功させないといけない場面だ。

刺した若月は見事だった。

そのソトはピッチャーを弾いたボールがショートゴロとなってアウト。

打球が榊原に直撃してヒヤッとした。

流れがオリに来ていたようだ。しかし榊原が打球を右手に当ててしまい、非常に心配。

その後の情報で、骨は折れてなくて打撲とのこと。抹消して一回飛ばすらしい。





榊原が長期離脱となるとローテがとても厳しい。なんとか軽症であってほしいものだ。

筒香の規格外の特大ホームラン

8回から榊原に代わり、近藤が登板。

澤田が離脱した今、近藤に8回を託すことになったが、

やはりこのピッチャーはコントロールが悪い。

抑える時は、勢いのある強いボールでバタバタ三振をとって頼もしく見えるが。

この日も先頭の筒香に3-1とカウントを悪くし、ストライクをとりにいったボールを

筒香に完璧に捉えられた。3ボールにしたところで負けだった。

どこまで飛ぶねん?! ここまで大きなホームランはなかなか見れない。

さすが日本の4番である。

その後は、三人で打ち取り一点リードを保つ。

増井劇場が今日も開演してヒヤヒヤ

そして9回オモテの一点リードでマウンドに上がるのは、オリが誇る劇場クローザーの増井。

前回のハム戦で、3点リードを守りきれなかった増井に俺の信用はゼロ。

俺のクローザーの防御率の合格圏内は1点台から、悪くても2点台の前半だ。

増井は防御率が5点台となっており、もはやクローザーとして失格である。

 

先頭打者のショートへの当たりを大城がファインプレーしたのだが、

その送球を中川がまさかの落球。捕ってればビッグプレーだった。

中川よー、あれは捕ったらなあかんやろっ!

いくら急造の一塁手とはいえ、キャッチするだけやろ。

あり得ないオリらしいプレーで出塁を許した。

バントで送られて、当たっている神里をなんとか三振にとり、二死二塁。

ここで宮崎にはヒットでつながれて、二死1、3塁となり、ピンチ拡大。

続くソトの打席で一塁ランナーに盗塁を決められて、二死、2、3塁と一打逆転の大ピンチ!

ここで増井のフォークボールがソトのバットを空を切らした!

そして渾身のガッツポーズ!

 

 

普段、ポーカーフェイスでガッツポーズなど見せない増井だが、

やはりこのところのセーブ失敗で、相当、溜まってたんだろう。

思わず出たガッツポーズだった。

試合後の感想

最後の増井対ソトの対決は、まさにプロ野球の醍醐味だった。

終わってみれば、オリが12安打で3得点、横浜が11安打で2得点。

下位チーム同士らしい拙攻対決だった。

落合氏がある番組で「打てなくても、点数は取れるんだけども、その点数を取っていない。

キレイに点を取りに行くのではなくって、もっと泥臭く取りに行くべき。」コメントしていた。

まさしく、その通り。

打てないチームだということを認めて、内野ゴロ間のホーム突入、スクイズなど、

なんでもええから、点を取れ!

 

 

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」
オリの今季の順位が昨年よりも上がるきっかけになるかもしれません(えぇ!?)
何より…そのひとポチでオリが今の状態よりもっと上がるきっかけになってくれれば!