この記事では、交流戦までの私的に選んだオリックスのワースト・ゲームを

3つ紹介したいと思う。オリらしい、ほんまにプロか?っていう草野球レベルの試合を

振り返りたい。

4/28 西武戦(京セラドーム)

 

思い出したくもない、クソ試合だった。

この試合の先発のK-鈴木は、今季初登板で強力西武打線を7回まで無失点に

抑える素晴らしいピッチング。

攻撃陣もなんとか2点を取って、2-0で8回から継投に移った。

8回オモテからマウンドに上った近藤と福也がストライクが入らず、

合計6個の四球で、逆転を許した。

打たれたわけでもなく、後味が悪いゲームだった。

 

関連記事・・・四球で自滅・・・余りに情けない負け方

 

5/5  ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)

 

クソ試合の二つ目。この試合もK-鈴木が先発だったが、

4回に守備陣のエラーが重なって、K-鈴木を足を思いっきり引っ張った。

K-鈴木は7回を投げて、7失点だったが、自責点は4点だった。





 

 

関連記事・・・想像のはるか斜め上をいく草野球

 

5/16 ロッテ戦(ゾゾマリン)

 

このゲームの先発は山本由伸だったが、2-2の同点でむかえた6回ウラの守りで、

エラーが3つも起きてしまった。1イニングにエラーが2つ出ると、

ピッチャーはとても苦しいが、3つも出たら話にならない。

これは由伸があまりに可哀相だった。

5回2/3を投げて、6失点ながら自責点は2という数字が

いかに野手陣のエラーで失点してるかを物語っている。

 

関連記事・・・やはり、Aクラスにはいけないと確信した

 

 

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」
オリの今季の順位が昨年よりも上がるきっかけになるかもしれません(えぇ!?)
何より…そのひとポチでオリが今の状態よりもっと上がるきっかけになってくれれば!