ソフトバンクとの2戦目。先発は松葉と大竹投手。

正直、前日と打って変わって、この日のマッチアップでは勝てるとは期待してなかった。

松葉はここまでの投球内容は裏切り続けられている。

この日も、初回から簡単にポンポンヒットを打たれあっさり先制を許した。

二回にも、追加点を許す、やっぱり松葉の展開。

ただ、オリ打線が苦手の大竹から、マレーロとロメロが一発ではないが、

タイムリーを放つ。

3回の時点で2点も取れたので、この試合何点取れるんだ?

と妄想してしまったが、終わってみれば2点のみ。

安打数こそ10本出たが、すべてシングルヒットの貧弱っぷり。

またもや草野球のエラー祭り

追いついた直後の4回オモテの守りで、またまた出ました。オリの草野球エラー祭り。

まずは頓宮が先頭のゴロをエラー。そしてセカンドの白崎がフライをまさかの落球。

とくに白崎のエラーは、目を疑うレベルの拙守だった。

慣れないセカンドとはいえ、フライは取れるだろっ!

起用した西村監督にも責任があるが・・・。

この2つのエラーの走者を松葉が還してしまい、2点の勝ち越しを許す。

 

頓宮はこれ以外にも、やらかしていて、相変わらず守備は不安定だ。

頓宮に関しては、貧打解消のために、昇格させたのだが、

幸いにも打線は少し上向き傾向なので、

今季はもうファームで徹底的に鍛えた方が良いだろう。

守備のヘボさをカバーするだけの打撃成績を残しているわけでもないし。

まあ、この頓宮が開幕時には、クリーンナップを担っていたのだから、

いかにチームの戦力が乏しいかを物語っている。

 

オリ打線の課題

この日は関西クラシックデーということで、阪急ブレーブスのレジェンドの





長池徳士さんが解説に加わっていたのだが、オリのバッターの課題を的確に

突いていて、見事だった。

とくに、フルカウントからボールの見極める力が必要というのは正にズバリ。

オリの各打者は、甘い球を見逃し、速球に弱い。

現役時代は、猛練習されたと仰っていたので、

やはり大打者に成長するにはそれくらいの練習量が必要なのだろう。

どうか、オリのバッティングコーチをしていただけないでしょうか?

超攻撃型??西村の迷采配

ここのところ、西村采配が開幕前の掲げていた方針からブレてきてるの心配だ。

開幕前には、BEアグレッシブとか言って、超攻撃型野球を掲げた西村オリックス。

開幕当初は、福田、西浦の1、2番コンビで、積極走塁を演出したが、

ここにきて、全然、攻撃型じゃなく立ってきたのが気がかり。

この日も、3回ウラに先頭の大城が出塁した後、小田にバントの指示。

ここは、小田の足を考えて、ゲッツーはあまりないから打たせるべき。

仮に進塁打すらにならず、一死1塁になったとしても、

堂々と正尚が勝負してもらえるし、正尚に期待しているのは単打より長打である。

どうも、ここ最近、送りバントが多用して、采配がまるで福良化している。

 

それと、去年の夏以降の中継ぎ陣の疲労を考慮し、

今シーズンは、先発には最低7回は投げさせると言っていた首脳陣だが、

この日、球数に余裕のあった松葉を6回で降ろしている。

右バッターから始まるのもあるのかもしれないが、

この当たりは、シーズン当初と比べてブレが生じている。

まあ、結果が出なくて、監督も焦りもあろうが、ここは開幕時に掲げたコミットを

思い出してもらい初心に帰って欲しい。

 

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」
オリの今季の順位が昨年よりも上がるきっかけになるかもしれません(えぇ!?)
何より…そのひとポチでオリが今の状態よりもっと上がるきっかけになってくれれば!