楽天とのカード2戦目。先発は成瀬と岸。

岸は、開幕戦以来の怪我からの復帰登板。一方の成瀬は前回のソフトバンク戦で、

序盤でKOされ、再調整しての登板だった。

ハッキリ言って、俺は成瀬の入団には反対だった。金子・西の退団で、手薄になった先発陣を

ロッテ時代の好で、すっかり劣化した成瀬を縁故入団させたのは、

オリファンとしては歓迎できるものではなかったのだ。

その成瀬の前回のKO劇で、どうぞ引退してくれと思ったのだが、

西村監督は二度目のチャンスを与えた。

 

その成瀬だが、この日は130キロ前半のストレートとスライダー、チェンジアップを駆使し、

序盤3回はパーフェクトピッチング。

しかし、4回に浅村に失投を見事にセンターに運ばれて、先制を許す。

ただ、その後は、再び、自分のペースでピッチングをし、5回2アウトまで、

1失点、被安打3、無四球の堂々のピッチング。

一点取られたことと、7回までは投げて欲しいという要求はあるが、

及第点は与えられるだろう。

成瀬に関しては、入団経緯が経緯なだけに、見方が厳しくなってしまう。

ただこの結果だと、次回の登板のチャンスも与えられそうだ。

岸に完璧ピッチングされるも・・・

一方の楽天の先発・岸は復帰前と全く変わらない抜群の内容だった。

オリ打線は、手も足も出ず6回までわずか2安打に抑えられ、チャンスすら作れない。

さすがリーグを代表するピッチャーだ。

しかし、疲れが見えた7回、先頭のロメロにカウント3-1とし、ストライクを取りに来た





甘いボールをロメロが見逃さず、見事に同点ホームラン!

試合は振り出し戻り、7回ウラは近藤がビシッと抑えて、

8回オモテの攻撃、代わった宋投手から2つのフォアボールと相手のフィルダースチョイスで、

一死満塁の絶好の勝ち越しのチャンスを作る。

ここで打席に迎えるのは、正尚。嫌でも期待が盛り上がるシーンで正尚の当たりは、

鈍い打球だったが、運良く前進守備のファーストの頭を越える2点タイムリーヒット!

正直、勝負では負けていたが運が味方した。

その後、走塁ミスで二死二塁となるが、ロメロが点差を3点に広げる貴重な技ありタイムリー

で4-1とする。この4点目がかなり大きかった。

やはり、頼りになるロメロ。今日だけで終わらず、明日からも頼むぜ。

 

8回は澤田がピンチを作りながらも無失点。9回は増井が三者凡退締めでゲームセット。

なんだか、今季の増井は完璧に抑えるか、めった打ちされるかのどちらかだなあ~。

 

そんなわけで、成瀬対岸のマッチアップでまさかの勝利。

野球というのは本当にやってみないと分からない。

 

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」
オリの今季の順位が昨年よりも上がるきっかけになるかもしれません(えぇ!?)
何より…そのひとポチでオリが今の状態よりもっと上がるきっかけになってくれれば!