ロッテとの2戦目。先発は榊原と岩下投手。

榊原は、ロッテ戦の登板が非常に多い印象だ。ここまで開幕戦以外は、

すべてQSピッチングを達成しており、試合を壊していない。

それから規定投球回数をクリアした投手の中で唯一、ホームランを打たれていない。

対する岩下投手も勝ち星こそ、まだ一勝だがかなり投球内容は安定している。

千葉ロッテの若手のホープだ。

 

オリは、この日、スタメンを大分、弄ってきた。

一番に小田を入れ、二番に大城、三番に小島と打率が高い打者を上位に並べてきた。

試合は、初回に一死一塁から、ショート平沢のエラーでチャンス拡大。

ここで正尚がきっちり最低限の犠牲フライで一点先制。

3回には、好調小島のレフト前タイムリーで2点目。

榊原が5回までは踏ん張ったが・・・

オリの先発・榊原はそれほどいい調子ではなく、四球が多かったが、

それでもなんとか5回まではゼロに抑えてきた。

ところが、インターバル後の6回、先頭の好調・清田に連夜の一発を喰らってしまう。

これで、ついに榊原も初被弾してしまった。

次の井上は三振に仕留めるが、若月が後逸してしまい振り逃げで出塁を許す。

ここでしっかりと切り替えてほしかったのだが、一発のショックが残ってたのか、

レアードに手痛い逆転ツーランを喰らってしまった。

それにしても、勝負どころのレアードの集中力は恐ろしい。

それまでは、振っていたボール球にも手を出さず、きっちり弾き返した。

カウント3-1にしたとこで、勝負あった感じだ。

8回の失点で勝負あったかと思ったが・・・

7回ウラに、代走の佐野が盗塁死するなど、得点できないオリ。

そのまま2-3で、ゲームは進み、8回オモテ。

比嘉が二死を取った後、連続四球。代わった山田も四球で満塁。

ここで山田がワイルドピッチをして、2-4と決定的とも言える失点。

前日の試合といい、しょーもないミスでの失点が多い。

9回ウラに奇跡が・・・

2点差のまま、最終回の攻撃。

対するピッチャーは今季のロッテのクローザーの益田。

3回以降、無得点のオリにしたら、この回もあっさり終わるんだろーな、と思ったが、





先頭の小島が四球を選んで出塁。ここで打席は4番の正尚。

一発出れば同点。しかし正尚は難しい低めの球に手を出しピッチャーゴロ。

次のロメロは、四球で一死1,2塁。ここで伏見がガッカリの見逃し三振に倒れ、二死。

後がないところで、代打に中川が登場。この中川が素晴らしく、

9球粘った末に、四球をもぎ取った。これで二死満塁の大チャンス!

中川の四球は、走者を進塁させたのだから、実質ヒットと同じ価値がある。

 

ここで西村監督が送り出したのは代打・後藤駿太。

・・・・正直、えっ~?という感じ。なぜにこの大事な局面で一割台の後藤?

ただ後藤は益田との対戦データはいいらしく、それを買ったのかもしれない。

そして、期待通り後藤が益田の5球目をセンター前に鮮やかに同点タイムリー!!

9回二死の土壇場から、なんとか同点に追いついたのは凄いが、

ここで終わってしまうのが、オリのいつも勝ちきれない原因でもある。

ここは、この勢いのまま、一気の勝ち越さなければいけない場面。

そんな中、次の福田は粘って、またも四球で満塁。

ここで迎えるはこの日、一番に抜擢された小田。

俺はこの時、ある意味一番いいバッターに回ってきたと思った。

こういうチャンスでは正尚は弱いし、小田はシャープなバッティングが期待できる。

そんな期待通りに、小田が二球、空振りするものの、5球目を流し打って、

ショートの横をかすめるレフト前へのサヨナラタイムリー!!!

 

やったぜえ~、小田あ、流石やあ、ありがとっー!!

オリらしからぬ最終回の粘りからの逆転勝利。5-4。

水掛けのシーンで、マレーロがとくにうれしそうだった。

今日の勝ちは、今年、一番うれしいかもしれへん。

この勝ちの勢いを持って仙台でも楽天に勝ってほしいぜ。

 

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」
オリの今季の順位が昨年よりも上がるきっかけになるかもしれません(えぇ!?)
何より…そのひとポチでオリが今の状態よりもっと上がるきっかけになってくれれば!