カード変わって、ロッテとの初戦。先発は榊原と涌井さん。

榊原はここんとこ、ずっーとQSピッチングをしながら、由伸同様、

打線の援護に恵まれず。本来なら3勝はしててもおかしくない内容。

この日は、千葉マリンスタジアムでの登板ということで、

榊原投手の地元での凱旋登板になった。

目立つ足技

好投手同士の投げ合いで、お互いに四球の少ない締まった試合だった。

一回に、両チームとも一死、3塁の好機を作ったが、

オリは大城が初球をあっさりファールフライを打ち上げて、無得点。

・・・初球に、それはないやろー。

一方のロッテは、しっかり内野ゴロで得点。

明暗を分けた初回だったが、オリもすかさず、3回にヒットの佐野を

三塁に置いて、福田のセカンドゴロの間に得点。これで1-1。

さらにチャンスを広げ、二死、1・3塁から意表を突くダブルスチールを敢行。

結果は、失敗に終わるが、ここんとこ、消極的な采配が目立ってたので、

良かったと思う。

マレーロ、初打点

6回に正尚のツーベースヒットから、二死3塁のチャンスで、

マレーロがようやく、今季初打点となるタイムリー2ベースを放つ。

この日は2安打放っており、復調して欲しいところだが、

相変わらず、外のボール球を振ってしまう三振も見える。





 

7回に追いつかれ、またも勝利がすり抜けるか、と思われた榊原だったが、

次の8回に、またも足技で得点する。

向こうの勝ちパの唐川から、先頭の福田が二塁打で出塁し、次は好調の大城。

ベンチは完全にバントの指示。カウントが打者有利になって、バスターの構えも

していたが、ここは、もっと攻撃的にいってほしかった。結果は、四球。

続く正尚の内野ゴロで、一死、1・3塁。

さらに小島も内野ゴロで、福田がホームインし、勝ち越し!

 

本音をいえば、ヒットで還して欲しい所だが、現状の打線では

こういった足技で得点するしかないだろうな。

榊原がようやく報われて、地元で2勝目

7回ウラにツーアウト、3塁のピンチで、清田を迎えた時、

追い込んでからのタイムリーでかなりダメージを受けていたのが

画面からはっきり分かった。

このピッチャーは、マウンド上で感情をそのまま出すので、とてもわかり易い。

ピッチャーたる者、ポーカーフェイスであるべきとされるが、

それにあてはまらない個性的な投手だ。

ヒーローインタビューも独特の対応でおもしろかった。

 

 

「ポチッと押してくれたら喜びます^_^」 ⇒ にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ